会社の近くに住むだけで4万円もらえる制度!?

経済評論家の門倉貴史先生によると会社の近く2km圏内に住むだけで4万円がもらえる制度があるという。

これは会社のすぐ近くに住む事で手当が出るという近隣住宅手当という制度である。

最近増えてきているが、具体例を出せば住宅手当以外に近隣住宅手当として月4万円貰えるのである。

何故会社がこのような制度を作っているかと言えば、その理由は通勤の負担を出来るだけ減らして、業務に集中してもらう為である。

しかし、若者達は会社と離れた所に住まないと精神的に負担が大きいと考える傾向があり、大体アンケート調査だと会社の最寄り駅から5駅は離れていて、通勤24分以上の所に住みたい傾向がみられる。

ただ、近隣住宅手当を貰えるなら話は別となる可能性があり、このような制度があるのである。

考察

この近隣住宅手当という仕組みは非常に合理的な仕組みではありますよね。

会社的にはどのみち負担しなければいけない交通費。同じお金を支払うのであれば、近隣住宅手当という名目で金銭を支払い、近場に住んでもらい、上述のように通勤の労力を軽減して仕事に集中してもらった方が良いに決まっていますからね。

従業員的にも近場に住むだけで数万円貰えるのであれば、願ったり叶ったりといった部分もあるでしょう。まさにウィンウィンの仕組みが出来上がっています。

この制度がどれだけの企業に浸透しているかは分かりかねますが、今後多くの企業に浸透していって頂きたいものですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ