ももクロはファンとの距離感を縮める所が人気!?

若者文化評論家の原田曜平先生によるとももいろクローバーZは普通はファンとアイドルは距離が遠いにも関わらず、ももクロは近くまで行く。それは大阪のおばちゃんに似ていて、相手(ファン)との距離を縮めるのが得意なのである。

現代はSNS等の普及で多くの人と関われるが、その一方で人間関係に悩んでいる人も非常に多い。

ところがももクロに関しては最初から人との距離をぶち壊してくる部分が好まれるのではないかと推測出来る。

考察

現在のアイドルというのはいかにファンとの距離を縮めるかというのが1つの命題となっていますよね。

以前のアイドルは高嶺の花的な存在だったのが主流でしたが、今は出来るだけ傍に寄り添ってもらえるアイドルが主流になりつつあります。

そういう意味ではももクロは他のアイドルと比べ、その能力がずば抜けて高かったのでしょう。

勿論、その他のアイドルに関しても様々なイベントを通じてファンとの距離を縮めようと模索していますが、それはあくまでも所属事務所が意図的に行っているもの。

ももクロに関しては事務所にやらされている感は薄く、メンバーが自発的に行っているように見受けられます。

そのような個人個人のファンとの距離を縮める能力の高さが現在の人気へと繋がっているのかもしれません。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ