ももクロに人気が出たのはカラーテレビのおかげ!?

環境評論家の武田邦彦先生によるとももいろクローバーZは5色の色の付いた衣装(服)を着ているが、これが何故着れるようになったかと言えばカラーテレビが出来たからである。

ももクロのような色付きの戦隊と言えばゴレンジャーであるが、カラーテレビ登場前は白黒の色で映える「月光仮面」などが人気であった。

ところがカラーテレビが普及し、今度は色のある、カラーのあるグループが誕生し、人気になっていったのである。ちなみにその先駆けがゴレンジャーなのである。

だからももクロはカラーテレビの技術者に感謝しなければいけないという。

考察

まさに武田邦彦先生のような高齢の方だからこその発想と言えますね。

とは言え、確かにももクロの特徴であるカラフルはカラーテレビでなければアピールする事は不可能でしょう。

そして、色という明確なキャラ付けをしてから、更に詳細のキャラを肉付けしていく。なんとも上手い手法を事務所側は駆使しているなと感心させられる部分はありますね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ