女性は嫉妬で女友達の髪を切らせようとする!?

印象評論家の重田みゆき先生によれば女性は嫉妬で女友達の髪を切らせたがるという。

友達が「髪を切っちゃおうかな?」と言ったら「切っちゃいなよ」と言う人が多くを占める。これは全然似合う似合わないを考えていない。

女性は髪が短い方より髪が長い方が有利だと思っている。

髪を切ると言った時に女性美容師は「似合うと思いますよ」と言うが、男性美容師は「本当に切っていいの?」と聞く。

女性はいつまでたっても身体的魅力を追い続ける!?

オランダの大学の研究で男性は加齢とともに外見より、内面の魅力を重要視するようになる

一方で女性は年をとってもヒップ・ウエスト・髪の毛に対する欲望が減らない。

年をとってからのガードル・ウィッグは身体的魅力を求める表れなのである。

考察

たまにこういう光景を見かけますが相談されてる方は似合うとか考えずに答えているのですね。

これから女性は髪を切る際は自分で決めたほうが良いかもしれませんね。

女性は年を取ってからでも身体的魅力を追い続けていくことで、男性から愛されたいと気持ちになるのではないでしょうかね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ