買った後の開封を先延ばしにするとお金が貯まり易い!?

異常心理評論家の杉浦義典先生によるとお買い物をした後、商品の開封をする時間を少し延ばすだけでお金が貯まり易くなると心理学的には言えるという。

例えば、好みのCDを買ったらすぐ聴きたいと思うかもしれないが、購入品をすぐ開封しない事で、ワクワク感・楽しみが持続するので同じ商品であるにも関わらず、お得感が増すのである。だから、この楽しみはなるべく長く継続させた方が良い。

そして、これが何故節約・お金が貯まり易い事に繋がるかと言えば、購入後すぐに商品を開封してしまうと、すぐ次の商品を買いたくなってしまう。

しかし、商品の開封を先延ばしにして楽しみを持続させる事でこの衝動が抑えられ、その結果、他の商品の購入回数が減り、無駄遣いをしなくて済むので節約になり、お金が貯まるというロジックである。

開封しても中断すればワクワク感は続き節約できる!?

更に、どうしても商品を開けるのが待てない時であっても、商品で楽しんでいる最中に、一旦中断するのも効果がある。

と言うのは人は残念ながら楽しい事に慣れ易い為、商品は少しずつ楽しんだ方が、楽しみが継続するので、お得感が増し、そうなれば必然的に次の物を衝動買いする事も控えるようになるのである。

例えばCDであれば、3曲ずつ分けて聞いていけば飽きもせず、次のCDを買うまでに期間が出来、節約が出来るのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ