嫌な記憶を忘れるには夜白い石鹸で手洗い!?

脳科学評論家の澤口俊之先生嫌な記憶の消去法を明かす。

嫌な記憶を寝る前に落とす方法論は前から分かっている事で、手を洗えば良いのである。しかも白い石鹸で手を洗うのが効果的。

白い石鹸というのはイメージ的に清潔といったものがあるので、研究的には嫌な記憶も洗い流せる気分になるのである。

ちなみに泡石鹸であったとしても白色なら効果がある。

但し、これを昼間に行ってしまうと意欲を失う傾向があるので注意が必要。

なので、これを行うには寝る前が一番効果的である。

考察

この効果の医学的・科学的な根拠を示すのは難しいかもしれませんが、なんとなしに理解できる情報ではあります。

まず、手を洗うという行為は浄化を表し、具体的に汚いモノを洗い流すという行動を取る事で、精神的な嫌な記憶を洗い流す効果が期待出来ます。

また、白色というのは清潔さや無垢な気持ちを表すので、その色を見る事で、心が良い意味でからっぽ、白いキャンバスのような気持ちになれるのかもしれません。

何かと嫌な思いがするストレス社会ですから、どの程度効果があるかは分かりませんが、試してみる価値はあるかもしれませんよ。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ