オナラの臭い人は昆布やワカメを食べると改善!?

食品微生物評論家の藤井建夫先生オナラが臭い人の改善方法を明かす。

オナラが臭い人は昆布やワカメを食べると良い。

ワカメや昆布を食べると食物繊維が含まれていて、腸内の働きを整える作用がある。そうすると体内のPH(ペーハー)が下がり、酸性になる。

そうすると、その環境ではビフィズス菌などの良い菌が増加し易く、ニオイが抑えられ易くなるというメカニズムである。

考察

腸内の健康を保つ為の菌としてはビフィズス菌と乳酸菌が有名ですが、これらの善玉菌は乳酸や酢酸という酸を作り出しています。

これらの事から分かるように腸内環境を正常に保つ為には腸内を酸性にしておいた方が良いという事です。

そして食物繊維は腸内で嫌気発酵する事により、酪酸やプロピオン酸のような酸姓物質を発生させるので腸内を酸性に傾けてくれる働きを有しています。

そもそもオナラは腸内環境が良くない時、未消化物が腸内に大量に残っている時に臭くなります。特にお肉等は消化されにくい為、お肉を食べるとオナラが臭くなるという理由・原因はこのような所にあるのです。

そして、腸内環境を整える事で、未消化物をきちんと消化してくれるようになるので、結果、オナラのニオイが臭くなくなるというワケですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ