男女間では映画を観る視点が違う!?

心理評論家の植木理恵先生によると男性と女性は同じ映画を観ていても、観ている箇所、注目している場所が全然違う事が分かってきたという。

男性は俯瞰的に女性は主観的に映画を観る!?

女性だけで映画の試写会の後で何を話すかと言えば、女性は役者目線(感情移入して)で、自分の生活と関連付けて観る傾向がある。

一方で、男性だけで映画の試写会の後で何を話すかと言えば、男性は作り手・監督のような目線で俯瞰的に盛り上がる傾向がみられた。

ちなみに、この事件で使用された映画は「フィールド・オブ・ドリームス」で、この映画は最も男女の意見が分かれる映画だったという。

逆に女性ははっきり自分を投影しやすい映画が好きで、このような映画は男性にとっては何が面白いのか理解出来ない。

考察

まさに確かにそうかもしれないといった感想を抱きますね。

女性の方があたかも自分が映画の主人公であるかのように自己投影させて作品を観ているように感じます。

だからこそ非現実的なSF映画や、アクション映画は女性は苦手な人が多いのかもしれません。

一方で、CGや特撮を多用したこういったジャンルは作り手目線で客観的に観ている男性は好きな人が多いのかもしれませんね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ