テンパり易い人はおまじないをすると良い!?

生物学評論家の池田清彦先生によるとテンパり易い人はおまじないをすると良いという。

最初はテンパらない状況下でおまじないを実践し、準備をしておく。

そして、そのおまじないは効果的だと、あえて自分を錯覚させて、今度はうんとテンパりそうな状況で同じおまじないを試す。

このようにおまじないは絶対に効くと思い込んでいくと緊張が和らぐ傾向がある。

ダマされやすい人はおまじないが効きやすい!?

脳科学評論家の澤口俊之先生がこの情報に補足説明。

澤口俊之先生によると佐藤二朗のようなタイプは脳科学的にはダマされやすいタイプだという。

ダマされやすいタイプの人というは、まさにプラシーボ効果が効きやすいので、おまじないの言葉は効果的だという。

考察

プラシーボ効果とは、例えば偽薬を飲ませても、薬と信じ込ませる事で、あたかも本当の薬であったかのような効果が患者に表れる事で、医学的にも証明された効果です。

この効果を用いれば、テンパリ癖が直るという事ですね。

よく人あるいは馬の字を手に3つ書いて飲むと緊張がほぐれるというおまじないを聞きますが、まさにこれもプラシーボ効果を狙ってのもの。

テンパる癖のある人は何か緊張を解くトリガー(おまじない)を設定しておく事が非常に大事という事ですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ