欲張りな人はテンパり易い!?

心理評論家の植木理恵先生によると色々な事を同時にしようとする欲張りな人はテンパり易くなるという。

なので、上手に言おうとか、面白く言おうとか、余計な事を考えてしまうと余計にテンパってしまうのである。

そこで欲張らずに伝えたい情報を1つに絞るように考えればテンパらなくなる。

実際に佐藤二朗の場合は留守番電話が苦手であったが、アメリカの調査で留守電の伝言が上手な人というのは1つの情報しか言わないという。

一方で、いい声で面白い事を言おうだとか、色々言おうと努力する人ほど意図が相手にうまく伝わらなくない。

考察

確かに、複数の事を一気にしようとすると、その分プレッシャーがかかり、焦ってテンパッてしまうのかもしれませんね。

1つの事にシンプルに絞りさえすれば、それだけとりあえずこなせば良いのでテンパらなくて済みそうです。

佐藤二朗さんのように、テンパり癖のある人は、まず要件を1つの事絞ってみては良いのではないでしょうか。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ