運動生理学評論家・谷本道哉の教える「くびれ体操」!

くびれ体操①
体を前後に曲げる運動!?

運動生理学評論家の谷本道哉先生くびれを作るための3つの運動を紹介していく。

まず体を前後に曲げる運動。

前屈をして腰に手を当て後ろに反らして曲げる。

この際腰に手を当てることでそこが支点なり、さらに後ろに反れるようになるのである。

くびれ体操②
体を横に曲げる運動!?

2つ目に体を横に曲げる運動。

曲げる方の腰に手を当て手を伸ばして、その方向に体を曲げる。

腰に手を当てることで横に曲がりやすくなり、手を振る勢いで簡単に曲げる事が可能である。

くびれ体操③
体をねじる運動!?

3つ目に体幹をねじる運動。

腕を振る勢いで簡単に体をねじる事が出来る。

動かしづらい体幹もラジオ体操の動きで簡単によく動く。

ラジオ体操により体幹がよく動き、良い姿勢になりくびれが出来るのである

1分間くびれ体操は
朝がオススメ!?

朝に体幹を動かすことにより1日中姿勢が良く過ごせるのである。

考察

実際にやってみたところ簡単で腰やお腹の辺りが動きやすく、体幹がつきそうです。

ただ2,3日筋肉痛になるような、気がしますが続けていけば問題なくなるのでしょう。

簡単なのでみなさんもぜひやってみてください。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ