じじばば力を持っていないママはヤバイ!?

ママ友業界評論家の石川結貴先生によるとじじばば力を持っていないママはヤバイという。

旦那の実家=義実家 旦那の両親=義両親!?

じじばばというのは、要するにおじいちゃん・おばあちゃんであるが、今、ママ達は夫・旦那の実家の事を義実家と呼び、夫・旦那の両親は義両親と呼んでいる。

自分の実家であれば、生活費が困窮した際には協力を仰ぎやすい。

しかし、この義両親と上手く付き合えるかどうかでママ友間の格差が広がる可能性が指摘されている。

この義実家・義両親から、援助をもらって、子供の教育費にいかに充てていくかという能力がママ友の格差に繋がってくるのである。

いかに義両親からお金を引き出せるかという点でママの真価が問われている。

ちなみに現在、祖父母は子供・孫に教育資金を贈与する場合、1500万円までは非課税とする贈与税非課税措置が取られている。

考察

番組ではこの義実家・義両親という呼び方になかなかのバッシングが集まっていましたが、個人的にはなんとも思いませんでした。

そもそも元から、相手方の父親・母親の事を義理の父親・義理の母親と言いますしね。

そんな事よりも義理の両親からお金を引き出す力がママ友の中で重要視されている方が個人的には問題かと思われます。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ