偶然を装って本人に悪口を聞かせるママがヤバイ!?

マーケティング評論家の牛窪恵先生によると偶然を装って本人に悪口を聞かせるママがヤバイという。

悪口の対象であるママ本人に文字起こしをさせて聞かせる!?

現在のママ達はボイスレコーダーを持ち歩いている。

また、スマートフォン・スマホでもボイスレコーダー機能を標準装備しているモノも多い。

そこでPTAの集まりの会話内容をボイスレコーダーに録音しておく、お母さんが存在している。

そしてPTAの集まりというのは皆が出席する訳ではないので、来ないママに録音した内容の議事録の文字起こしをさせるのである。

その議事録の文字起こしをするママ、つまりPTAの集まりに出席していないママの悪口をわざと録音したボイスレコーダーを渡すのである。

議題と関係ない悪口までも、全て録音し、言われた本人は文字起こしの時に否応なしに聞かされる事になるのである。

悪口をYouTubeにアップするママも!?

逆に悪口をイジめたいママにワザと言わせる事もある。

そしてその言わせた録音を今度はYouTubeにアップしてしまうママもいる。

それで、URLをSNSなどで送り、ママ友内に広めるのである。

このような事が起こる背景・理由はママ友格差である。

明らかに優位にいるAランクママ達は、このような事は行わないが、Bランク以下の立場が微妙なママに、そういう傾向が見られるという。

考察

わざわざボイスレコーダーに悪口って非常に陰湿ですね。

確かに皆が集まる場所に来れないというのは不快に感じるかもしれません。

しかし現在は共働きの夫婦も増えていますし、職業・仕事によっては、来れない方も多々いるでしょう。

PTAは元々子供達の為のものなので、本来の目的を見失わないようにして欲しいですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ