身に付けた金属が落雷の危険を防ぐ事も!?

生物学評論家の池田清彦先生コチラの落雷情報に補足説明。

昔は金属を身に付けていると雷が落ちるので、それを外しておけと言われていた。しかし現在では金属を身に付けている方が落雷対策には良いのである。

というのも、アクセサリーとしてジャラジャラ付けている人がいるが、その金属の部分を電気が通ってくれるので、落雷による致命傷は避けられるのである。

金属を付けていない場合はそのまま雷が自分自身の身体を貫くので、死んでしまい易い。一方で自分の脇から電気が通り抜けてくれれば、自分は死なずに済む。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ