脳科学的には6~7歳までは遊びが重要!?

脳科学評論家の澤口俊之先生によるとプレスクールなどの習い事は6歳未満の子供の過ごし方が一番重要だという。

これはどういう事かと言えば、脳科学的な観点から言うと、6~7歳までの子供は遊びが一番重要なのである。

東大・京大に入学する子は幼少期はよく遊んでいた!?

とは言え、遊ばせれば良いというワケでもない。缶蹴りなどのルールがある遊びが原則である。これが子供の脳機能を高める事が分かっている。

実際に様々なデータを見ても、東京大学や京都大学といった有名大学に入学した学生は幼少期にはよく遊んでいた事が証明されている。

子供達の考える力が最も伸びるのは、実は幼少期の遊びにあると考えられている。なので、幼少期はそこまで習い事などをさせる必要はない。

ピアノ・そろばん・サッカーは脳機能を高める!?

ちなみに脳機能を伸ばす習い事として証明されているのがピアノ、そろばん、サッカーがあるという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ