リビングが片付き過ぎだと子どもの成績が伸びない!?

マーケティング評論家の牛窪恵先生によると最近の住宅メーカーの調べでリビングが片付き過ぎている家の子供は学業成績が伸びないというデータが出ているという。

1つの理由には子供には様々な刺激を与えた方が興味を持ち易い傾向になるからである。

何もないリビングだと想像力が働きにくい!?

他にも、最近言われるようになったのが、イメージ記憶法というのがある。

イメージ記憶法とは何かを見て、それに関連付けて覚えたい物事を想起するように記憶する方法の事。

子供は想像力が豊かな為、色々な物と関連付けた方が記憶に残り易いと言われている。

リビングが散らかっていると、様々な物が目に飛び込んでくるので子供もこのイメージ記憶法を無意識に実践しやすいが、リビングが片付き過ぎてしまっていると、このような想像力が働かないので勉強で覚えた事が記憶に定着しづらいのである。

これは香りでも構わないとされているが、まとめれば何らかの刺激がリビングにあった方が子供の勉強環境としては適している。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ