うつ病の人を寝かせない療法もある!?

異常心理学評論家の杉浦義典先生によると朝まで寝ないという事で言うと、実はうつ病治療の方法として『断眠療法』と言って、一回徹夜をさせるとうつの気分がおさまるという治療法があるという。

寝不足の次の日は、その睡眠不足がたたって気分がナチュラルハイになる事があるが、このハイな気分を上手く利用して、うつ病治療をするのである。

但し、この方法には問題はあり、一旦は鬱病が良くなるように思えるが、次に寝ると元に戻ってしまうのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ