クセが悪化し髪のほとんどを抜いてしまう人も!?

依存症評論家の酒井和夫先生によると大基本として癖は2つに分類されるという。

すごく心と体に良い癖と、心と体に危ない良くない癖がある。その良くない癖の一番代表が髪の毛を抜くといったものである。髪の毛を抜くのが悪化すると髪の毛が無くなってしまう。

医療評論家のおおたわ史絵先生がこの情報に補足説明。

これにはきちんと病名があって『抜毛症』と呼ばれている。だから『脱毛症』の人とは根本的に異なる。

脳科学評論家の澤口俊之先生がこの情報に補足説明。

この抜毛症に関しては精神療法や薬物療法による治療効果が認められている。ある種の物質、脳内ホルモン系をいじる事によって改善はされる。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ