親が子どもを朝 起こさない方が良い!?

親子心理学評論家の山崎雅保先生によれば親は朝に子どもを起こさない方が良いという。

子どもは起こさないと自分で起きるようになる!?

ある程度の年齢まで起こし続けている子どもはもうしょうがないが、小さい時から起こさない子はちゃんと自分で起きるようになる。

朝起きたくなる雰囲気が必要であり、ベーコンや味噌汁の言った朝食のニオイなどで親達が動いているのが分かると、子どもは自分から起きたくなるのである。

サルも必要に迫られると自然に早起きする!?

環境評論家の武田邦彦先生によれば猿も必要に迫られると早起きするという。

高崎山のサルにサル30匹に20食の朝食を出した場合は朝7時に起きてくる。一方でサル30匹に40色の朝食を出した場合は朝11時まで起きてこないのである。

考察

小さい頃から習慣をつけろということなのでしょうね。

小さい頃から親が働いているから自分も起きて行動を起こさないといけないみたいな意識を植え付けないとダメですね。

現在お子さんが居て、もし自分が中高生くらいの時に親に起こして貰っていた経験がある人は、こういう習慣を付けさせた方が良いと思います。

例えば朝新聞を取りに行くのとかお手伝いをさせてみてはいかがでしょうか。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ