顔色の悪い女性は「レバーの香草焼き」を食べろ!?

栄養学評論家の白鳥早奈英先生によれば顔色の悪い女性が最近では多いのだが、そういう人はレバーの香草焼きを食べると良いという。

顔色が悪いだけで女子会を盛り下げてしまう事があるのだ。

レバーには鉄分、葉酸、ビタミンB12と言った血液を作る成分が豊富に含まれている。香草(バジル・ミント)に含まれるビタミンCが鉄分の吸収を高める。これを食べ合わせる事で肌、顔色が良くなる。

考察

顔色がさえない原因の一つとして貧血が一番多いようです。

特に女性は生理による出血で男性に比べて貧血が起こしやすいです。

貧血対策にはレバーのような鉄分が多く含まれる物が有効です。

鉄分は豚、鶏、牛のレバーや肉、それ以外にも魚介類ではあさり、しじみや、ひじき、きくらげに比較的多く含まれています。

生理が有る年代の方は多めにとる心がけが必要ですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ